黒砂糖

黒砂糖は、褐色を帯びた黒い砂糖のことで、黒糖(こくとう)や、産地の奄美大島から称される大島糖(おおしまとう)などがあります。
黒砂糖はサトウキビの絞り汁をそのまま加熱し、濃縮したものを冷やし固めて作られています。原料の分離精製を行っていないことから、黒砂糖は砂糖の分類では、含蜜糖に当てはまります。
黒砂糖はサトウキビの成分を含んでいるため、しょ糖などの糖分は砂糖の中で最も低いが、カルシウムなど各種のミネラル分が多く含んでいるため、その風味により甘みが強く感じられます。

日本では、沖縄県・奄美諸島などサトウキビ栽培が盛んな地域では一般的な甘味料として流通しているが、その他の地域ではミネラル分を豊富に含むことから健康食品として扱われることも多く、主に健康食品売り場や郷土産品売り場などで見掛けられる。
色は褐色を含んだ黒ではあるが、これはブロック状の塊の状態でのことであり、粉末にすると褐色となる。ただし蜜分を多く含むことから白砂糖と比べると固まりやすく、大抵はブロックを砕いた程度の状態で販売されている。これを砕いたりすり潰したりし、あるいは煮溶かして料理や菓子の材料に、またはコーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われる他、飴のように直接口にして風味を楽しむこともある。

黒砂糖はサトウキビの成分を含んでいるため、蔗糖などの糖分は80%強と砂糖の中で最も低い。本来は不純物であるカルシウムや鉄など各種のミネラル分が糖蜜に多く含まれているため、渋み・苦味といった味も多く、カラメルのように甘みも強く感じられる為に味わい深いが、その独特の香りや味わいのために料理や菓子の材料としては、やや制限を受ける。
なお、昔からの産地である九州・沖縄地方では、黒砂糖を使った郷土菓子や料理などが多い。


本手造り黒砂糖
これこそ黒糖の王様といえます!黒糖のもつ独特な風味をそのままに、昔ながらの製法で丹念に作りました。
直火釜でじっくり炊き上げ、アクや苦味を丁寧に取り除き、素朴な味わいを大事にしました。お茶請けだけでなく料理の調味料、お菓子作りにと幅広くお使いいただけます。

【お薦めサイト】
 調味料 隠し味の調味料
 クッキー クッキーの作り方
 ケーキ ケーキの作り方
 パウンドケーキの作り方
 カップケーキの作り方
 肉じゃがの作り方
 マンゴー とろけるマンゴー
 歯磨き 正しい歯磨き
 駅弁 されど駅弁
 喉の痛み 喉の痛み対処法
 日本食研 美容にダイエットに日本食研
 断食 身も心も癒される断食
 おはぎの作り方 美味しいおはぎの作り方
 拒食症 拒食症と心
 さかい 焼肉のさかい
 いちご大福 美味しいいちご大福
 エフデ エフデの魅力

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。