和三盆

和三盆(わさんぼん)とは、さとうきびを原料として作られる砂糖の一種で、主に香川県や徳島県などの四国東部で、機械に頼らず伝統的製法により生産されている高級砂糖です。
和三盆の名の由来は、糖蜜を取り除いて白くし、粒子を細かくする作業が研ぎと言われており、この作業をお盆の上で三回繰り返していたことから、和三盆と呼ばれるようになったと言われています。
和三盆糖作りの工程は、サトウキビの汁を搾り、搾った汁からアクを抜き、それを煮詰めて冷まして白下糖を作ります。その白下糖から糖蜜を取り除いて和三盆糖に仕上げますが、ほとんど手作業で行います。
和三盆は、主に和菓子や郷土菓子、洋菓子に使用されています。また、寿司飯、卵焼き、そばつゆなどの日本料理にも和三盆は用いられています。

日本では江戸時代に砂糖の存在が既に知られていたが、サトウキビの栽培地は南西諸島に限られており、作られる砂糖も黒砂糖が一般的であった。

やがて徳川吉宗が享保の改革において全国にサトウキビの栽培を奨励すると、高松藩が特産物創生と財源確保を目的としてこれに呼応した。 その経緯については高松藩の項が詳しい。
その後徳島藩でもサトウキビが育てられるようになり、その品種改良に力を注ぎ、領内各地で栽培できるまでなった。 しかし精糖の方法については不明だったため、他国における秘伝扱いの情報を収集し、高松藩とほぼ同時期の1800年代前半に精糖方法を確立させた。
そして和三盆は貴重な特産品として諸国へ売りに出されたが、これは全国の和菓子や郷土菓子の発展に大いなる貢献を果たした。


やさしい香り後味の良い あっさりした甘さ ☆和三盆糖☆


【お薦めサイト】
 調味料 隠し味の調味料
 クッキー クッキーの作り方
 ケーキ ケーキの作り方
 パウンドケーキの作り方
 カップケーキの作り方
 肉じゃがの作り方
 マンゴー とろけるマンゴー
 歯磨き 正しい歯磨き
 駅弁 されど駅弁
 喉の痛み 喉の痛み対処法
 日本食研 美容にダイエットに日本食研
 断食 身も心も癒される断食
 おはぎの作り方 美味しいおはぎの作り方
 拒食症 拒食症と心
 さかい 焼肉のさかい
 いちご大福 美味しいいちご大福
 エフデ エフデの魅力

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。